滋賀県の観光地と言えば?

滋賀県
ネット上で滋賀県の観光地として、おすすめする声が多かった場所から順に紹介します。(VOICE)はおすすめを確認できた数。

1位 彦根城(70VOICE)
滋賀1
所在地:彦根市金亀町
別名は金亀(こんき)城。江戸時代は彦根藩(井伊氏)の居城。1603年に徳川譜代大名筆頭 井伊直勝が起工し、1606年に天守が完成。城郭の完成は1622年。現存天守は国宝(現存天守は国内に12あり、そのうち彦根城を含む5つが国宝)、城の周囲は国の特別史跡。彦根城域では「ひこにゃん」に会えることもある。


2位 近江八幡(54VOICE)
滋賀2
所在地:近江八幡市
滋賀県中部、琵琶湖東岸の市。人口82,135人(2016年10月1日)、面積177.45km2。近江商人発祥の地で、その商家が整然と残る町並は国の重要伝統的建造物保存地域。他にも「近江八幡の水郷」「安土城跡」「八幡堀」などの観光資源がある。グルメは「バームクーヘン(クラブハリエ)」を勧める声が多いが、「近江牛」「赤こんにゃく」も代表的な特産品。


3位 黒壁スクエア(36VOICE)
滋賀3
所在地:長浜市
伝統的建造物群を生かした観光スポット。江戸時代から明治時代の和風建造物を活用したガラスショップ、ギャラリー、体験教室、レストラン、カフェ等が集積するエリア。日本最大のガラス芸術の展示エリアとして知られ、観光客数は年間200万人を超える。


4位 石山寺(35VOICE)
滋賀4
所在地:大津市
真言宗の寺院。西国三十三所観音霊場の第13番札所。奈良時代後期に聖武天皇の発願により、良弁(ろうべん)が建立した。境内には寺名の由来となった天然記念物の硅灰石(けいかいせき)がそびえ、本堂や多宝塔をはじめ、多くの国宝や重要文化財が点在する。国宝に指定されている本堂には、紫式部が源氏物語を書いたとされる「源氏の間」がある。また、紅葉の名所としても知られる。


5位 琵琶湖(32VOICE)
滋賀5
所在地:滋賀県中央部
日本最大の淡水湖で、滋賀県の面積の約6分の1を占める。ミシガンクルーズや琵琶湖一周クルーズなど、遊覧船で琵琶湖の見どころを堪能することもできる。また、琵琶湖は世界有数の古代湖としても知られ、50種以上の固有種が生息する。


6位以下は下の通り。

6位 長浜(30VOICE)
7位 比叡山延暦寺(27VOICE)
8位 琵琶湖クルーズ/ミシガン(24VOICE)
8位 琵琶湖博物館(24VOICE)
10位 彦根(21VOICE)
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿