香川県の観光地と言えば?

香川県
ネット上で香川県の観光地として、おすすめする声が多かった場所から順に紹介します。(VOICE)はおすすめを確認できた数。


1位 金刀比羅宮(131VOICE)
香川1
所在地:仲多度郡琴平町

金刀比羅宮(ことひらぐう)は、香川県仲多度(なかたど)郡琴平(ことひら)町に鎮座する。俗に「こんぴらさん」と呼ばれている。全国に散在する金刀比羅神社あるいは琴平神社の総本宮。

古くから「海の神様」として親しまれている。祭神は大物主神(おおものぬしのかみ)、崇徳(すとく)天皇。参道の長い石段は有名で、本宮までは785段、奥社までは1368段ある。



2位 栗林公園(104VOICE)
香川2
所在地:高松市

栗林(りつりん)公園は、国の特別名勝に指定された回遊式大名庭園で、紫雲山を背景として面積は約75万平米を占める。大名庭園としての本格的な整備は、高松藩初代藩主 松平頼重の入部(1642年)以降とされ、歴代藩主が修築を重ね、1745年頃に完成したと考えられる。


3位 屋島(75VOICE)
香川3
所在地:高松市

屋島(やしま)は香川県高松市の北東部に位置する台地状の半島。名称はその屋根のような形状に由来する。源平合戦の古戦場となった「壇ノ浦」がある。また、四国八十八ヵ所第84番札所「屋島寺」もある。他にも数多くの遺跡を有し、また、稀な台地であることから、国の史跡および天然記念物に指定されている。


4位 小豆島(54VOICE)
香川4
所在地:小豆郡

香川県北東部に位置する島で、瀬戸内海に浮かぶ島では淡路島に次ぐ大きさ。佃煮、醤油、手延べそうめん、オリーブなどの生産が盛んで、特にオリーブは国内栽培の発祥の地。壷井栄の小説「二十四の瞳」の舞台で、その映画が大ヒットしたことで観光客が急激に増えた。主な観光スポットは「エンジェルロード」「二十四の瞳映画村」「寒霞渓(かんかけい)」「小豆島オリーブ公園」など。


5位 丸亀城(32VOICE)
香川5
所在地:丸亀市

丸亀市にある平山城(ひらやまじろ)。石垣の名城として知られ、国の史跡に指定されている。豊臣政権の時代に生駒親正(いこまちかまさ)が高松城の支城として築城した。その後、一国一城令により廃城を経て、山崎氏(三代で改易)→京極氏が入封した。天守、大手一の門・大手二の門は国の重要文化財で、当時の形で現存している。


6位以下は下の通り。

6位 レオマワールド[丸亀市](31VOICE)
7位 観音寺琴弾公園の銭形砂絵[観音寺市](25VOICE)
8位 直島[香川郡](23VOICE)
9位 高松城(玉藻公園)[高松市](21VOICE)
10位 善通寺[善通寺市](20VOICE)


※特筆すべきは、「うどん」と答える声が91VOICEもあったこと。
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿