福井県といえば?

福井県
福井県といえば

全国の方々が福井県といえば思い浮かべたり、イメージする有名なものをネット上で調査してみました!

目次

福井県といえば トップ12


東尋坊
 
福井県といえば1
東尋坊は福井県坂井市三国町にある、日本海の侵食を受けた断崖絶壁。高さ25メートルに達する輝石安山岩の柱状節理がそそり立ち、その奇観は国の名勝(景色の良い土地)及び天然記念物に指定されている。
 
調査日回答数
2021年1月13日88/324(27.2%)
 


越前ガニ・蟹
 
福井県の有名なもの1
福井県の越前港、敦賀港、三国港、小浜港で水揚げされる雄のズワイガニのことを「越前がに」と呼ぶ。メスは「セイコガニ」と呼ばれる。おいしい季節は冬。その時期に合わせてカニ漁も解禁になる。
 
調査日回答数
2021年1月13日74/324(22.8%)
 


永平寺
 
福井県といえば3
永平寺は福井県吉田郡永平寺町にある寺で、総持寺(横浜市)と並ぶ曹洞宗の大本山。曹洞宗の僧侶達が厳しい禅の修業を行っている。

旧仏教勢力の圧迫を避けていた道元(曹洞宗の開祖)が、1244年に信徒であった越前(福井県)の土豪・波多野義重の援助を受けて創建した。
 
調査日回答数
2021年1月13日57/324(17.6%)
 


原子力発電所
 
福井県の有名なもの2
福井県に立地する原子力発電所の数は全国で最も多い。つくられた電気の大部分は関西方面へ送られており、それは関西で使われている電気の約6割に相当する。
 
調査日回答数
2021年1月13日53/324(16.4%)
 


メガネ・眼鏡フレーム
 
福井県といえば3
福井県鯖江市は国産メガネフレームの約9割を生産する「めがねのまち」として知られる。その歴史は1905年に増永五左ヱ門が農閑期の副業として、メガネ枠製造技術を持ち込んだことに始まる。大転換期は1981年に軽くて丈夫なチタン製メガネフレームの製造技術の確立に成功したことで、メガネの産地としての国際的な地位を築いた。
 
調査日回答数
2021年1月13日44/324(13.6%)
 


ソースかつ丼
 
福井県の有名なもの3
ソースカツ丼は福井県の郷土料理。タレにまぶしたご飯の上に、ソースを付けた熱々のトンカツを乗せた料理。福井県でカツ丼といえばソースカツ丼のことで、卵とじのカツ丼を注文する際は、その旨を伝える必要がある。ソースカツ丼の元祖は福井市内に本店があるヨーロッパ軒。福井県出身の高畠増太郎氏が大正2年に早稲田大学前の鶴巻町で店を開いた時に始まる。
 
調査日回答数
2021年1月13日37/324(11.4%)
 


恐竜・恐竜博物館
 
福井県といえば4
勝山市は恐竜化石の発掘量が全国一。2000年7月には日本最大級の恐竜博物館「福井県立恐竜博物館」が開館した。館内には40体以上の恐竜の全身骨格標本をはじめ、大型復元ジオラマや映像などが展示されている。全身骨格標本の中には福井県で発掘されたフクイサウルス、フクイラプトル、フクイベナートルの全身骨格もある。
 
調査日回答数
2021年1月13日36/324(11.1%)
 


越前そば・おろしそば
 
福井県の有名なもの4
越前そばは福井県嶺北地方(旧越前国)の郷土料理。そばに大根おろしを乗せて出汁をかけたり、または大根おろしを入れたそばつゆで食することから、「おろしそば」とも呼ばれる。

越前では朝倉孝景が一乗谷に築城した1473年頃から、飢饉や戦時のための非常食として、米よりも短期間で収穫できる蕎麦の栽培が奨励された歴史がある。当時はそばがきやそばだんごとして食べられていた。江戸時代初期に、麺状そばに大根おろしを添える食べ方が始まった。
 
調査日回答数
2021年1月13日22/324(6.8%)
 


五木ひろし
 
noimage.jpg
五木(いつき)ひろし(1948-)は、福井県三方郡出身の演歌歌手。1964年にコロムビアレコードよりデビュー。1971年に「よこはま・たそがれ」が大ヒット。日本レコード大賞「大賞」2回(1973年の「夜空」、1984年の「長良川艶歌」)、NHK紅白歌合戦49回連続出場。
 
調査日回答数
2021年1月13日19/324(5.9%)
 


10
芦原温泉
 
福井県といえば5
芦原(あわら)温泉は、福井県北端のあわら市にある温泉で、北陸を代表する温泉のひとつ。泉質は食塩泉。東尋坊に近く、観光客で賑わう。「関西の奥座敷」と呼ばれている。

明治16年(1883年)に灌漑用の井戸を掘ったところ、塩味の温泉が湧き出たことに始まる。明治45年(1912年)に旧国鉄三国線が開通して以降、大正・昭和初期の旅行・観光ブームにのって温泉街として発展した。
 
調査日回答数
2021年1月13日16/324(5.9%)
 


11
三方五湖
 
福井県の有名なもの5
三方(みかた)五湖とは福井県南西部、若狭湾沿いにある五つの湖の総称。三方湖、水月(すいげつ)湖、菅(すが)湖、日向(ひるが)湖、久々子(くぐし)湖の五湖から成る。国の名勝およびラムサール条約登録湿地。

三方湖のみが淡水湖。それぞれの湖の塩分濃度や水深が異なるため、水の色は微妙に違って見えることから「五色の湖」と呼ばれており、三方五湖レインボーライン(有料道路)から見ると、その違いがよく分かる。
 
調査日回答数
2021年1月13日16/324(4.9%)
 


12
へしこ
 
福井県といえば6
へしこは、福井県若狭地方をはじめとする日本海側地域の伝統料理。サバ、イワシなどの青魚に塩を振って塩漬けにした後、さらにぬか漬けにして熟成させる。樽に漬け込むことを地方の言葉で「へし込む」と言ってたことから、「へしこ」という名称になったとする説が有力。

福井県の「さばのへしこ」は農林水産省主催による農山漁村郷土料理百選に選定されている。
 
調査日回答数
2021年1月13日15/324(4.6%)
 


福井県といえば(その他)


順位名称
13位羽二重餅4.3%
14位水羊羹4.0%
15位焼き鯖・焼き鯖寿司4.0%
16位小浜市3.1%
17位若狭湾2.8%
18位コシヒカリ(発祥地)2.8%
19位九頭竜湖2.5%
20位高橋愛2.5%
21位越前海岸2.2%
22位水仙1.9%
23位越前岬1.5%
24位丸岡城1.5%
25位スキージャム勝山1.2%
26位気比松原1.2%
27位鯖街道1.2%

全回答者数:324人(複数回答有)
率 = 回答者数/324 × 100%

福井県とは


福井県

福井県の人口 → 762,679人(全国43位)
福井県の面積 → 4,190.52km2(全国34位)
福井県の人口密度 → 182.00人/km2(全国31位)
※2021年4月1日の数値

県庁所在地 → 福井市
中核市(人口20万以上)→ 福井市

福井県の鳥と花

県の木 → 松
県の花 → 水仙
県の鳥 → つぐみ
県の魚 → 越前蟹
県の歌 → 福井県民歌
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック