山形県といえば?

山形県
山形県といえば

全国の方々が山形県といえば思い浮かべたり、イメージする有名なものをネット上で調査してみました!

目次

山形県といえば トップ11


さくらんぼ/佐藤錦
 
山形県の有名なもの1
山形県のさくらんぼの生産量は日本一で、全国生産量の75%以上を占める。原産地はトルコで、日本では明治元年に北海道で初めて植えられ、山形県には明治8年に入ってきた。

人気ナンバーワンの「佐藤錦」は、東根市(ひがしねし)の佐藤栄助氏が味の良い品種「黄玉」と、日持ちの良い品種「ナポレオン」を交配し、1912年(大正元年)から16年の歳月をかけて育成した。現在、山形県内で栽培されているサクランボの7割が佐藤錦である。
 
調査日回答数
2021年3月13日137/321(42.7%)
 


米沢牛
 
山形県の有名なもの2
米沢牛とは米沢市のある置賜(おきたま)地方で飼育された黒毛和牛のうち、一定の条件を満たした銘柄和牛のこと。松坂牛・神戸牛と並び日本三大和牛に数えられることもある。
 
調査日回答数
2021年3月13日40/321(12.5%)
 


芋煮/芋煮会
 
山形県の有名なもの3
芋煮会とは河川敷や公園などの野外に集まり、サトイモを使った鍋料理を作って食べる秋の行楽行事のこと。具材や味付けは地域によって違う。

主に東北地方で行われているが、発祥は山形県中山町で、江戸時代に最上川の河川敷で物資を運ぶ人を待っていた船頭達が、退屈しのぎのひとつとして始めたと伝えられている。
 
調査日回答数
2021年3月13日38/321(11.8%)
 


蔵王/蔵王スキー場
 
山形県の有名なもの4
蔵王(ざおう)連峰は山形県と宮城県の県境にある火山群。単独峰ではなく、複数の山々が広範囲に跨る。最高峰は標高1841mの熊野岳。カルデラ内には火口湖「御釜(五色沼)」を形成していることでも知られる。また、山麓の温泉群や、冬の樹氷やスキー場など観光資源に富む。
 
調査日回答数
2021年3月13日31/321(9.7%)
 


ラ・フランス
 
山形県の有名なもの5
ラ・フランスはフランス原産の洋ナシ(西洋梨)のこと。全国の約80%が山形県で生産されている。収穫期は10月中旬頃だが、収穫してから2~3週間追熟することで食べ頃となる。

見栄えの悪さや栽培に手間が掛かることから、日本に入ってきてしばらくは見向かれることもなかったが、昭和40年代頃からその上品な香りと濃厚な甘み、そしてまろやかな舌ざわりが知られるようになり、今では「果物の女王」と呼ばれている。
 
調査日回答数
2021年3月13日30/321(9.3%)
 


将棋の駒
 
山形県の有名なもの6
天童市は将棋の駒の生産地として知られ、全国生産量の9割以上を占めるとも言われる。

江戸時代末期に、天童藩が窮乏する下級武士に、将棋の駒作りを内職として奨励したことから始まる。武士の内職には反対もあったが、将棋は兵法戦術にも通じるため、武士の名誉を傷付けるものではないとの考えから、奨励されたという。

現在、天童市は将棋産業振興と将棋の普及のために、将棋にこだわった街づくりを推進している。
 
調査日回答数
2021年3月13日30/321(9.3%)
 


山寺
 
山形県の有名なもの7
山寺(やまでら)は山形市にある天台宗の寺。正しくは宝珠山立石寺(ほうじゅさん りっしゃくじ)で、山寺は通称。860年(貞観2年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したと伝えられている。根本中堂(こんぽんちゅうどう)と、そこに安置されている、本尊の薬師如来坐像(慈覚大師作)は、国の重要文化財に指定されている。

松尾芭蕉がこの地を訪れ「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」(奥の細道)と詠んだことでも知られる。
 
調査日回答数
2021年3月13日25/321(7.8%)
 


最上川/最上川の舟下り
 
山形県の有名なもの8
山形県をほぼ南北に流れる川。全長229kmは日本で7番目に長い川で、1つの県だけを流れる川としては日本で一番長い。日本三急流のひとつ。(他二つは熊本の球磨川と、山梨・長野・静岡を流れる富士川)

古くから舟運(しゅううん)が盛んで、現在でも観光舟下りが行われている。また、松尾芭蕉がこの地を訪れた際に読んだ一句「五月雨を 集めて早し 最上川」(奥の細道)はあまりにも有名。
 
調査日回答数
2021年3月13日24/321(7.5%)
 


花笠まつり/花笠音頭
 
山形県の有名なもの9
花笠まつりは紅花をあしらった笠を手にして、花笠音頭に合わせて街を踊り歩く祭りで、山形県内数ヵ所で開催されているが、山形市で開催されている「山形花笠まつり」が広く知られている。

山形花笠まつりの歴史は、1963年(昭和38年)に開催された「蔵王夏祭り」のイベントのひとつ「花笠音頭パレード」に始まり、1965年から単独で「山形花笠まつり」として行う現在の形になった。

山形花笠まつりの開催日は毎年8月5日・6日・7日で、1万人を超える踊り手が花笠を手にして、市内のメインストリートを踊り歩く。来場者数は3日間で100万人以上。
 
調査日回答数
2021年3月13日22/321(6.9%)
 


10
米/つや姫/はえぬき
 
山形県の有名なもの10
最上川が流れる庄内平野は日本有数の米作地帯。中世から近世初期にかけて灌漑工事が進められて、米の一大産地となっていった歴史がある。

現在、山形県産ブランド米として最も有名なのは「つや姫」で、2010年秋から全国販売が始まったその米は、食味においてはコシヒカリをも凌ぐと言う人も少なくない。以前は「はえぬき」が有名で、冷めても味が落ちにくいことから、業務用の弁当やおにぎりにも使用されているという。
 
調査日回答数
2021年3月13日22/321(6.9%)
 


11
ウド鈴木
 
noimage.jpg
ウド鈴木(1970-)は、山形県鶴岡市出身の男性お笑いタレント。1991年に天野ひろゆきとお笑いコンビ「キャイ~ン」を結成。バラエティ・ドラマなど多数のTV番組に出演しているほか、主演に抜擢された「一遍上人」をはじめ、幾つもの映画に起用されている。
 
調査日回答数
2021年3月13日18/321(5.6%)
 


山形県といえば(その他)


順位名称
12位だだちゃ豆5.0%
13位月山5.0%
14位出羽三山5.0%
15位玉こんにゃく3.7%
16位そば3.1%
17位銀山温泉3.1%
18位蔵王温泉2.8%
19位あき竹城2.5%
20位おしん2.5%
21位山形新幹線2.5%
22位冷やしラーメン2.5%
23位ダニエル・カール2.2%
24位ビートきよし2.2%
25位温泉2.2%
26位ラーメン(世帯当り支出額全国一)1.9%
27位鳥海山1.9%
28位スイカ1.6%
29位りんご1.6%
30位紅花1.6%
31位こけし1.6%

全回答者数:321人(複数回答有)
率 = 回答者数/321 × 100%
※1 月山と出羽三山は分けて集計しました。


山形県とは


山形県とは

山形県の人口 → 1,068,696人(全国36位)
山形県の面積 → 9,323.15km2(全国9位)
山形県の人口密度 → 114.63人/km2(全国42位)
※2021年4月1日の数値

県庁所在地 → 山形市
中核市(人口20万以上)→ 山形市

山形県の鳥と花

県の木 → さくらんぼ
県の花 → べにばな
県の鳥 → オシドリ
県の魚 → サクラマス
県の獣 → カモシカ
県民の歌 → 最上川
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック